TREKING LIFE
[Top]
記事
 
| Top | Profile | お客様紹介 | 商品の一覧 | My Favorite Things | よくある質問 |
| ゆめてん村 | わくわく営業塾| わくわく経営塾 | Gallery | LINK | Special Thanks | Site Map |


 雑誌「週刊ポスト」の取材を受けました。「男の幸せの創り方」と題して数名登場する中のひとりだそうです。

 私の記事は、「トップ営業マンの(一生懸命仕事をしない)生き方」??
 これでも仕事は一生懸命しているつもりなんだけどナァ〜。

「週刊ポスト」6/30号
2006年6月16日発売。


記事内容

やっと見つけた「男の幸せ」の創り方 ケーススタディ30代、40代、50代
これからの10年、20年をどう生きる?ソニー生命営業マン 藤本卓氏(51)
「胃がん」で気づいたトップ営業マンの「一生懸命仕事をしない」生き方
 〜胃がん宣告で初めて分かった「人生の価値」〜
 

 「一生懸命仕事をしないこと」―― ソニー生命のトップ営業マンである藤本卓氏(51)が、この考えに辿り着くまでには紆余曲折があった。成功している生保の営業マンといえば、昼夜なく働き、とにかく一人でも多くの顧客の会って口説きまくる"バリバリの企業戦士"のイメージだ。藤本氏も、以前はそうだった。

 「時計会社のSEを経て、現在の会社に入ったのは39歳の時です。ソニー生命は完全な成果主義で、(保険商品を)売ってなんぼの世界。年もくっていましたし、営業経験もない私は、人の2倍は仕事をしないと追いつかないと思って、土日なしで毎日夜中まで働きました。年収は2倍以上になりましたが、売っても、売っても将来への不安は消えない。契約をもらいまくることで安心を得ようとしていました」(藤本氏。以下同)

 だが、そんな生活は長くは続かなかった。転職して4年後、43歳の時、病魔が襲った。病名は胃がん。「生存率は6〜7割」という主治医の言葉に、藤本氏は頭が真っ白になった。「最初は恐怖でガタガタ震えました。もう、すべて終わりだと・・・・・。でも、入院すると、不思議と気楽になれた。『死ぬのだから、ジタバタしてもしょうがない』、そう思えたのです。仕事に復帰できる期待もなく、むしろ入院を楽しんでいた。だから、胃の3分の2を切除する手術が成功し、担当医から『もう大丈夫』といわれた日は、また仕事に戻るのかと思って、一晩真剣に悩んでしまったぐらいです」

 ベッドの上で出た結論が、冒頭の"一生懸命仕事をしない"ということ。これまで成功を夢見て、趣味や自分のやりたいことを犠牲にしてきたが、このままでは、成功する前に死んでしまうと気がついた。
 そこで、走り回って契約を取るよりも、「自分らしく長く仕事を楽しむこと」を重視したという。

 それで始めた"趣味"が、自分の顧客全員に毎月はがきを送るということ。内容は、毎月1人の顧客に"インタビュー"し、その生い立ちや仕事内容を綴るというものだ。「多くの顧客からがん再発の可能性を心配されましたが、はがきが続く限り、僕が元気で生きていると思ってもらえると考えて始めました。それに、顧客の皆さんと、じっくり向き合ってお話しできるのが楽しいですね。ネタとなる方を見つけようと、楽しみながら新しい顧客を探す原動力にもなっています」

 これまでインタビューした顧客は、Jリーガー、売り出し中の若手俳優、経営コンサルタントと幅広い。藤本氏のはがきをきっかけにして、見ず知らずの顧客同士で、付き合いが始まったりすることもあるとか。8年間で、約2万9000通のはがきを出した。

 一昨年からは、多種多様な営業マンを集めた勉強会「わくわく営業塾」を毎月1回ペースで主催。藤本氏を講師役にテーマを決めて、営業テクニックを話し合う。売り上げが伸びない悩みを議論するうちに、藤本氏自身も新たな発見ができるという。さらに最近は、ともに経営を学ぶ「わくわく経営塾」へと発展。また、週末や休暇には、長野県の山間部に「ゆめてん村」と名づけた遊び場を作り、顧客を含めた仲間で、ソバや野菜の栽培をしながら楽しんでいるという。

 趣味や遊びを仕事の中心にしたことで、顧客同士の仲間の輪を広げ、自然と新たな顧客開拓や既存顧客の契約更新に繋がる。その結果、仕事も順調に進み、現在はソニー生命の営業マンのなかでも少数に限られる5段階の最高ランク「エグゼクティブ・ライフプランナー」として活躍を続けている。「あんなに不安だったのに、今は仕事が怖くないし、疲れない。

 わたしはがんで1回死んだのです。2回目の命ですから、自分らしく生きたいと思うようになった。だからこそ、単なる営業マンとしてではなく、顧客と一緒に人生を歩む面白みを見つけられました。今だからいえるんですけど、病気になってよかったと思っているんですよ」

記者 竹村元一郎

 
| Top | Profile | お客様紹介 | 商品の一覧 | My Favorite Things | よくある質問 |
| ゆめてん村 | わくわく営業塾| わくわく経営塾 | Gallery | LINK | Special Thanks | Site Map |
Topへ戻る