October 2017

ホットなプルーンでホッとタイム

  何十年にもなる週五日ほぼ座りっぱなし!というデスクワークから離脱(脱落?)して一年ちょっと。そういえば、長い間、年数回の頻度で悩まされていた、昼夜を問わないしつこい咳がまったく出ていません。その都度仕事の昼休みに通院、薬に頼ること無しには改善しなかった症状が今では嘘のよう。放っておくと本格的な喘息になるも言われている咳喘息。引き金はまちまちのようですが、窓を開けて換気するなど論外の高層ビルでのハウスダスト、さらには仕事によるストレスが自分にとっては原因だったのかなあ。加齢に伴う体調の変化は困ったもんだと思いつつ自然なことなのでまだしも、不自然な生活環境から引き起こされる不調は勘弁したいものですね。

  さて、食物繊維と鉄分が豊富というドライプルーンは昔から好きでよく口にしてきたものの、生のタイプとはあまり縁がありませんでした。しかし、旬の今、隣県ということもありスーパーマーケットや直売所でよく見かける長野産プルーン。お値ごろでもあり、自分にしては初めてたくさん購入。その生プルーンで作った、米粉のクランブル。まだ熱々のうちに生クリームを添えていただきまーす。いつもならリンゴが主役で、シャキシャキ感が特長のところ、こちらは何とも言えないねっとりとした口ざわりが魅力。まだ市場に出回っているうちに、パイやタルト、ジャムにとあれにもこれにも使ってみたいです :D